www.ysaletoo.netパテック・フィリップコピーの5327はいつ5140バトンタッチすることができますか?

まず私達に先に5140ちょっと見させます。パテックフィリップスーパーコピーの5140は2006年に発表されて、2007年に黄金版Jを出して、2010年にプラチナの金版Pとバラの金版Rを出します。今日まですでに10年。5140はパテック・フィリップの最も典型的な万年暦(5159が逆に窓口の万年暦を跳ぶのだ)だけではなくて、時計界の最も標準的な万年暦が肖像画を描くです。少しも隠しだてしなくて、今たとえ壇を表してさまざまな万年暦に表すように出したとしても、逆に窓口のが跳んでの、ありがあって、いろいろな万年暦の中で、パテック・フィリップの5140は依然として最も端正な最も表す1匹です。ひけらかすいかなるがなくて、しかしすべての“悪質な計略”に勝りました。パテック・フィリップの精髄は3が万年暦と聞くので、カレンダーが表すがのがパテック・フィリップが発明したので、しかしロレックスSKY―DWELLERこのような後継者に似ていて、同じく備えて匹敵します5146、5396の実力。しかし万年暦と万年暦の発展の出る時間単位の計算の万年暦の上で、パテック・フィリップに匹敵するべきものがない実力があって、私達はちょっと見ることができて、パテック・フィリップの5970、5270のこのような時間単位の計算の万年暦は盤面の本当にの調和がとれていて、平衡がとれているのをやり遂げて、その他の同類の腕時計はすべてまた(まだ)円熟の域が不十分なことに見えます。

パテック・フィリップの5140は3940の発展の型番で、5140のサイズは3940の36ミリメートルから38ミリメートルの(36ミリメートルの3940が今日に多少小さくなったのをを見る)に増加します。38ミリメートルの5140は私は多くの人の目の中の黄金のサイズを信じます。5140は3940のトフィーの針、砲弾の字(とてもすばらしい組合せ)を受け継いで、240真珠陀自動上弦のチップを引き続き使って、そのため5140はとても薄くて、1匹の万年暦は9ミリメートルしかありません。計略上で貼ることができて、袖口中に縮めることができますも。パテック・フィリップの5140はオークションを主な再販市場のにする上に安定的な社会的地位を持っていて、パテック・フィリップの中で常緑の型番です。最近2016年に富芸斯は取引が成立する5140Gをオークションしてそれぞれ337500香港ドルと47500瑞郎の価格を撮影して、51401はずっと30万の人民元ぐらいの社会的地位を維持しています。私は5140もこの価格ラインの中で最も良い選択の中の一つだと思います。

今年人々の眼光はすべてパテック・フィリップで40周年紀念の2匹のオウムガイの上で5711Pと5976Gの上でピントを合わせて、そのために人々にもう一つのヘビー級の選手を見落とさせて、5140の後を継ぐ型番、5327は来ました。5140の取って代わる者として、5327の最大の変化は2か所あります。殻のサイズを表して39ミリメートルまで増加するのと、5140に比べて1ミリメートル増加します。二つは5140トフィーの針と砲弾の字の組合せを柳の葉針とブレゲの字に替えました。5327は同様に240Q万年暦のチップを使って、ルイヴィトンスーパーコピー時計このチップ3940から(1986年に出す)、すでにパテック・フィリップのクラシックの万年暦サービスのために30年を上回りました。2016年に出す5327がバラの金Rを含む、黄金J、プラチナG3つの型番、RとJは白い皿を使って、Gは藍盤を使います。

327と5140の別のいくつかのかすかな違いはあって、実際には5327の表す殻はいっそうパテック・フィリップの2013年出す新作の3針の将軍の底の5227に接近します。5327の表す耳は更に広々としていて、殻の側面を表しても5227と似ています。全体の殻の形はパテック・フィリップの新しい様式で近づきます。もちろん5327登場の時、私達も5140ことがある甚だしきに至っては3940の恋しさに対して表す多くの時計の愛好者がありを見ました。向こうへ行くサイズを恋しく思います。しかし5327がサイズを増加するのが避けられない傾向で、パテック・フィリップはここ数年ゆっくりとそれぞれに型番の中でだんだん口ぶりを増加するのを始めます。5960似ていて、40ミリメートルのサイズは鋼製車体の5960Aから40.5まで増加して、5960の取って代わる者の5905は直接42ミリメートルまで着きました。

5140はすでにだんだん生産を停止したが、しかし5140世界の時計の愛好者の心の中にある重要な地位にかんがみて、5140はまた(まだ)5327と長期にわたり共存するでしょう。実際には、新作の5327と5140は見たところ確かに徹底的なのをも形成しにくくて関係に取って代わって、フランクミュラースーパーコピーかえって更に1匹の時計の2つの型番は(チップが同じようで、サイズは違いの1ミリメートルについて、著しい違いの基本は盤面でただ)だけを組み合わせます。パテック・フィリップの現在の生産の上から私達も見ることができて、プラチナの金の5140は依然として産していて、そのためパテック・フィリップはまだ5140が舞台から退出するのを譲りたくありません。パテック・フィリップの2大のすばらしい盤面、トフィーの針に砲弾の字と柳の葉針の加ブレゲの字、それぞれ5140と5327上で現れます。

中性だしかも温和IWCの柏の大波のフィノの自動ラインストーンの腕時計

いまどきになって、全世界の富豪と名高い人たちは依然として柏の大波のフィノ、楽しみのここのすばらしくてのどかな地中海の生活の情緒で集まることが好きです。IWC ポルトギーゼスーパーコピーのすばらしくて、優雅な柏の大波のフィノの腕時計のシリーズはちょうどこのようなゆったりしている生活の態度を反映しました。柏の大波のフィノのシリーズの歴史に話が及んで70年代の末に始りました。その時、IWCは人々がシンプルで、クラシックに対して需要を表してずっと減少しないにの気づきます。

そこで、優雅なIWCLトpine懐中時計(型番の5201)はその時新しく出した腕時計のシリーズの霊感の源になって、その時計の文字盤を90度回転してそして月相の表示機能を加えて、1枚の新しい時計は気運に乗じて生まれます。これは“フォームの腕時計を抱く”(型番の5251)は新しく1984年に見得は壇を表して、そして“柏の大波のフィノ”で命名します。あの時から、柏の大波のフィノのシリーズはすぐIWCIWCの一族の最も人気な腕時計のシリーズの中の一つになって、含蓄がある風格と高尚・上品な味わう完璧な化身です。

この柏の大波のフィノの新作の腕時計(型番:IW356514)、40ミリメートルのプラチナを採用して殻を表して、厚さは9.5ミリメートルだけあって、絶対に大多数の男性のつける者の計略のサイズに適合して、たとえ非常に細い女性の計略が眠りをつけるとしてものもそびえ立っていません。

銀色の時計の文字盤、ほど良い配置、読みを譲る時はっきりしていて明瞭です。非常に細いローマ数字と棒状の時間の目盛り、および柳葉のポインターはすべてプラチナを採用して作って、藍鋼の秒針もこのため腕時計は同じではなくて美しい色を添加しました。パネライスーパーコピー周りの黒色は印の分を回転して円を刻みます。時間が表示する以外、期日1つのオプション機能を表示するしかなくて、3本のポインターその上1つの端ショーの期日の窓口、多くも少なくもなくて、ほど良くて、これはもしかすると柏の大波のフィノの腕時計の魅力はありました。

2段の操作は冠を表して、1段の調子の学校の期日、2はさえぎって学校の時間を加減して、殻を表すのが比較的薄いため、だから操作し始めるのが比較的便利です。

イタリアの有名な靴の靴のブランドとSantoniの注文して作らせるワニの皮バンド、縫う仕事が全て属するのが最上だ。磨き上げる表す殻を売り払って、便利さしかも安全なベルトバックル設計をつけます。

シャネル J12スーパーコピー手首は背負って柏の大波のフィノの港の美しい景色の精致な図案を彫り刻みを説明して、Cal.を搭載します35111チップ、それはSellitaSW300に基づいて、42時間の動力備蓄物を提供することができます。